秋季大会1回戦

  • 2019.09.09 Monday
  • 23:00

9月7日秋季大会1回戦 宮原ドラゴンズ戦が行われた。

PX先発バッテリーはユウスケータイキで試合開始。
先手をとったのはPX。先頭のアツトが相手エラーで出塁すると、2盗、3盗を決め1アウト3塁のチャンスにユウスケがレフト前タイムリーを放ち、まず先制。その後更に1、3塁のチャンスだったが、ダブルプレーで1点のみ。するとその裏相手の攻撃。先頭バッターに四球を与え、更に盗塁を許すと2番にレフト前に運ばれ同点。1アウト後、内野ゴロの間に1点を取られ、1-2と逆転を許してしまう。同点に追いつきたいPXは3回。アツトのセンターオーバーのホームランで同点に追いつき流れを掴むかと思われたが、チャンスは掴むものの、走塁ミス、バントミスなどがあり、なかなか得点する事が出来ない。
それでも7回1アウトから、ミツハルが四球を選び、セイもレフト前で続くと、チカラも粘って四球を選び、満塁のチャンスを作りキャプテンへ。
ここでアツトが期待に応え、ライト前タイムリーで勝ち越しに成功。ここからユウスケのタイムリー、タイキの右中間へのタイムリーツーベース、更にギンスケのスクイズも決まりこの回一挙7点を挙げ、相手を突き放した。
最終回もユウスケが3人で抑え9-2で勝利を納めた。
<ベンチの目>
この試合、走塁ミス、バントミスが大事な所で出てしまい、なかなか流れを自分達に持って来られなかった。
ただ、再三のピンチでしっかりと守れた事で相手にもペースを渡さなかった事が大きかった。
この時期の6年生の試合は今日の様な試合ばかりになって来るはず。
ミスをした方が負ける。
その極限の状況でいかに普段通りのプレーができるかで勝敗が決する。
強い気持ちを持って、突き進め!フェニックス!
(記者 黒砂糖)

同点ホームランを放った アツト

この日も好調 タイキ

投打で活躍 ユウスケ

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM