会長杯 グループ最終戦

  • 2019.09.02 Monday
  • 23:30
9月1日大宮部会 会長杯 大宮ファミリーズ戦が行われた。
先発バッテリー ユウスケ−タイキで試合開始。
先手をとったのはフェニックス。
先頭のアツトがレフト前で出塁すると、すかさず盗塁。2番ハルもライト前に弾き返し中継プレーが乱れる間にアツトがホームを踏み、先ず先制。更にユウスケが四球、タイキもセンター前でチャンスを作ると、ギンスケのタイムリー、ミツハルのタイムリーも飛び出し、この回5本のヒットを集中させ4点の先制に成功した。
攻撃の手を緩めないPXは2回、ギンスケのスクイズなどで2点。6回にも4本の長短打で4点を挙げ勝負を決めた。
投げてはユウスケが5回を3安打1失点の好投。最終回はギンスケがしめて11-2のコールドで勝利を納めた。
これでグループリーグ全勝。
決勝トーナメントの進出が決まった。
<ベンチの目>
今日の試合、初回の攻撃で流れを掴む事が出来た。先頭のアツトが出塁し、ハルのヒット。2人で1点を取れた事でチームに流れを呼び込んだ。
特にハルは前日の柵越えホームに続き、この日も2安打と絶好調だ。
ただし、まだまだ細かいプレーでのミスも多い。今週末から始まる秋季大会に向けてしっかりと修正、準備をして貰いたい。
(記者 黒砂糖)
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM