星野仙一杯 2回戦

  • 2019.07.18 Thursday
  • 12:45

7月15日 星野仙一杯2回戦 新曽ボンバーズ戦が行われた。

PX先発バッテリーはユウスケータイキ。PX先攻でプレーボール。

1回は両チーム3者凡退の静かな立ち上がり。2回の攻撃は先頭のタイキが相手エラーで出塁するも、マズイ走塁でチャンスをいかせない。3回にも1アウト3塁のチャンスにアツトが痛烈なセカンドライナーを放つが3塁ランナーが飛び出してしまい、チャンスを掴めない。それでも4回、2番ハルが四球で出塁。続くユウスケはセカンド頭上へのきれいなライナーのヒットでチャンスを広げると、1アウト後、更に満塁のチャンスにギンスケが見事にスクイズを決め先ず先制。その後、2アウトとなるが、ミツハルが執念のタイムリーヒットで逆転すると、アツトのレフトオーバーのタイムリーツーベース、タイキのセンター前タイムリー、ミチヒサのライト前タイムリーも飛び出し、この回8得点のビックイニング。投げては先発ユウスケが5回を1安打、3塁を踏ませないピッチングの好投。8-0の5回コールドで勝利を収めた。

<ベンチの目>

この試合、序盤での走塁ミスが多かった。

牽制球でのファンブルで飛び出しノーアウトのチャンスを潰したり、1アウト3塁からのセカンドライナーで(内野定位置)3塁ランナーが飛び出しゲッツー。得点圏でのタイムリーで2塁ランナーがホームに返らず得点できず。など、記録上には残らないものも含め走塁に関しては全く機能しなかった。このところ雨で試合が中々出来なかった事はあるだろうが、接戦になればなるほど走塁が大事になってくる。

もう一度、走塁、バントなどの基礎をしっかりしていく必要があると感じた。

(記者 黒砂糖)

この日も好投の ユウスケ

先制のスクイズを決めた ギンスケ

このところ絶好調? ミツハル

ダメ押しタイムリー アツト

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM