県大会出場決定!

  • 2019.04.30 Tuesday
  • 11:27

4月28日 中央ブロック大会準々決勝 本太ビクターズ戦が行われた。

ベスト4をかけたこの試合は同時に県大会出場を決める大事な戦い、PX先発バッテリーユウスケータイキで試合開始。

先手を取ったのはPX。初回、3番ユウスケが相手エラーで出塁し、盗塁でチャンスを作ると、4番タイキがライトオーバーのタイムリーツーベースを放ち、幸先よく1点の先制に成功した。更に2回にもアツトのタイムリーで1点を追加。4回を終わって2-0とリードして中盤を迎える。先発のユウスケだったが、再三のピンチを何とか切り抜けてきたが、5回、味方エラーからピンチを招くとヒットと更に2つのエラーが重なりこの回一挙に4点を奪われ、逆転を許してしまう。しかしPXも5回裏、代打ミツハルの右中間へのタイムリーで1点を返し3-4。

もう絶対に追加点を許せないPXだったが、6回にもエラー絡みで失点。3-5、2点差で6回裏を迎えた。

数々の逆境を跳ね返してきたPX。ここから勝利への執念をみせる。

先頭のミチヒサがライト前で出塁すると、ルイもセンター前でノーアウト2・3塁のチャンス。このチャンスにハルが応え、レフトオーバーのタイムリーツーベースで4-5、1点差。更にチカラのスクイズが内野安打となり同点。更にアツトのレフト前タイムリーでついに逆転に成功した。

トドメはユウスケが豪快にセンターオーバーのスリーランホームランを放ち、9-5。タイキがレフトオーバーのツーベースを放ったところで時間切れ、ゲームセット。PXは土壇場からの鮮やかな猛攻で逆転勝利を収めた。

<ベンチの目>

今日の試合、先発のユウスケが体調不良もあり、毎回のピンチだった。

それでも何とか守っていたが、5回、6回と4つのエラーが重なり失点を許す苦しい展開だった。

しかし、それでも最後まで試合をあきらめず、6回には5連打を含む、7本の長短打を集中させた攻撃は見事だった。

ここ何試合も逆転で勝利してきた経験が今、生きて来ている。

ここからも一緒。ひとつひとつ目の前の試合に集中して行くだけ。

頂点を目指して駆け上がれフェニックス!

(記者 黒砂糖)

見事な代打タイムリー ミツハル

最終回 追撃のタイムリーヒット ハル

この日はバットでみせた ユウスケ

ナイスゲーム!

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM