中央ブロック大会1回戦

  • 2019.04.22 Monday
  • 07:21

4月20日さいたま市中央ブロック大会の開会式。その後オープニングゲーム、道祖土フェニックス戦が大宮市営球場で行われた。県大会、関東大会と上へ繋がる大事な初戦。PX先発バッテリー、ユウスケ-タイキ。PX後攻で試合開始。
初回、相手打線を簡単に3者凡退で切って取ると、その裏、2番カンタがセンター前で出塁すると、3番ユウスケがライト線へ技ありのヒットを放つと、中継プレーのミスをついてカンタがホームに帰り1点を先制。更にタイキがライトを深々と破るタイムリースリーベース。ギンスケのスクイズ、トドメはミチヒサの左中間へのホームランも飛び出し、初回5点の先制に成功した。攻撃の手を緩めないPXは2回にもセイのヒットを足掛かりにタイキのレフトへの豪快なホームランなどで4点。3回にも3本の長短打を浴びせ2点を追加、勝負を決めた。
守ってはユウスケが相手打線を寄せつけず、5回3安打無失点の完投。11-0(5回コールド)で大勝した。

<ベンチの目>
開会式の後のオープニングゲーム。
緊張の中始まったこの試合。チームを落ち着かせてくれたのはユウスケだった。
いつもと同じ、落ち着いたピッチングで3者凡退で入れた事が大きかった。
また、その裏、カンタがセンター前で出塁した後、クリーンアップがアウトコースを強引にならず、ライトへの連打で先取点が取れた事でチームに流れを引き込んだ。
いつも言っている、「いつもと同じ、普通に自分達の野球をするだけ」がしっかりと出来た。そんな試合だった。
先ずは初戦突破、ひとつ、ひとつ目の前の試合に集中して駆け上がれ、フェニックス!
(記者 黒砂糖)

見事なピッチング ユウスケ

ホームラン 3塁打 2塁打 タイキ

初回ホームランのミチヒサ

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM