準備は出来ているか?

  • 2019.03.29 Friday
  • 12:22

準備は出来ているか?やり残したことはないか?とうとう公式戦が始まる。新6年生にとっては最後の1年が始まる。

入団した学年こそ違えど、特に4年生・5年生の2年間は特に厳しい練習をしてきた。「厳しすぎるのではないか」「そこまで追い詰めなくてもよいのではないか」と自問しながらも、「この子たちのためになるなら」と心を鬼にして指導してきた。新6年生は本当によく耐えてきた、付いてきてくれたと思う。その結果、昨年後半から先日終わったMGC杯(春)までの4つの大会で優勝することが出来た。本当に良く頑張った。勝ち進む姿を見て成長していることを実感した。“良いチーム”に仕上がってきたなと感じる。

しかし、我々が目指すところはもっと上だ。その高みに上り詰めるためには、まずは公式戦初戦の春季大会で自分たちらしい試合をし結果を出さなければいけない。その後も結果を出し続けるしかない。

選手諸君、自分たちらしい試合をするための準備は出来ているか?心技体すべて備わっているか・BESTな状態か?本当にやり残したことはないか?

厳しい練習に耐え抜いた君たちは精神的にも技術的にも大いに成長した。あとは、試合の独特な緊張感の中で精神的に弱くならないこと、プレッシャーに押しつぶされないこと、相手に“流れ”を渡さないことが重要だ。チームのために・仲間のために何が出来るのかを常に考えてほしい。プレーで・声で・気迫で相手にプレッシャーをかけ続けてほしい。ピンチの時であっても決して下を向かずチーム全員で声を掛け合ってプレーしてもらいたい。そうすれば、自ずと結果はついてくるはず。

これからの約10ヶ月、目指す高みに上り詰めるためにチーム一丸となって頑張っていこう!監督を胴上げしてあげよう!!支えてくれるお父さんお母さんたちにうれし涙を流させてあげよう!!!何度も東○大○店で祝勝会をしよう!!!!

まずは、4月6日の春季大会開会式、自信みなぎる表情で胸を張って行進しよう!!!!!

さいごに、選手諸君に私が大好きな言葉を贈りたい。(昨年も本ブログに掲載しました)

「その一投にその一歩にそしてその一振りにお前達の全てが映る。迷いは要らん、自分達の野球を信じろ。」

「プレーするのは監督じゃなく、今グランドに立っているお前達だ。スタンドにいる者、ベンチにいる者全員を代表して試合に出ているお前達だ。そこに立つなら迷うな目の前のプレーに全力を尽くせ。お前達の野球を見せてこい。」

「敵は己の中にあり、本来の力を出し切ることが勝利への近道と知れ。どんな状況でも最後まで諦めない。自分達が流してきた汗に誇りを持て。」

(青道高校野球部 片岡鉄心監督の言葉より)

(A-SD)

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM