分析する力とそれを実践に生かす行動力

  • 2019.03.16 Saturday
  • 22:00
3月16日練習試合 宮本ヤンキース戦が行われた。
px先発バッテリーはアツトータイキで試合開始。
1回、先頭のアツトがセンター前で出塁するも、牽制で刺され3者凡退。その裏、1番にレフトオーバーの2塁打を打たれいきなりノーアウト2塁のピンチを迎えるが、後続を打ち取り無得点に抑えた。2回にも四死球から1アウト2・3塁のピンチを迎え、スクイズを仕掛けられるが、ここもアツトが本塁突入を阻止、更に1塁へ送球し、バッターランナーもアウト、ダブルプレーで何とか無得点に抑えた。すると3回、連続四球で作ったチャンスにアツトが答え、レフト線へのタイムリーツーベースで2点を先制。更にカンタのスクイズも決まり、この回3点の先制に成功した。
投げてはアツトーユウスケのリレーで相手打線を1点に抑え4ー1で勝利を収めた。
<ベンチの目>
相手チームのバランスを見ればそうそう連打は期待出来ない。しかもキャッチャーは素晴らしい肩の持ち主。
では、どのようにして点を取って行かなければならないか。
また、相手投手はどのようなピッチャーなのか。相手のバッターはどんなバッターがいて、どこの打順が弱いのか。などなど。色々な角度から冷静に見極め、それをもとにどうすれば最善策なのかを考えて野球が出来るようになればもう1ステップ、2ステップ上のステージに上がれるだろう。
(記者 黒砂糖)
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM