連勝ストップ

  • 2017.12.12 Tuesday
  • 12:00

12月9日 新人戦4年生大会の準決勝、決勝が行われた。準決勝に勝利し、迎えた決勝戦。相手は大宮ドラゴンズ。予選ブロックでは、1-0の僅差で勝利しているが、この試合も1点差勝負が予想され、いつも同じだが、初回の入り方が重要。
決勝戦の先発はユウスケ−アツトのバッテリーで試合開始。
先行のフェニックス。1、2番がたおれ、3番ユウスケが四球を選ぶも、アツトが内野ゴロで無得点。

その裏の相手の攻撃。1・2番を内野ゴロに打ち取り、2アウトとするが、3番を四球で歩かせると、4番にはセンター前に落とされ、2アウトながら1・2塁のピンチ。5番の打球はショートゴロ、スリーアウトかと思った瞬間、ファーストがまさかのエラー、2塁ランナーがホームに返り先制を許してしまう。更に1・3塁から盗塁を仕掛けられるがここはキャッチャーアツトが2塁へ好送球、スリーアウトかと思われた瞬間、ショートがこれまたエラー。ミスが重なり2点を許してしまう。反撃したいPXだったが、相手投手に対して、ことごとくボール球に手を出してしまい、なかなかチャンスを作れない。一方守りでは2回以降パーフェクト、打者9人に対して7奪三振と完璧に抑え込んだ。しかし結局初回のエラーでの2失点が最後までひびき、0-2で悔しい敗戦となった。

<ベンチの目>

この試合の前まで初回の失点が続き、そこが課題だったが、大事な試合でその悪い予感があたってしまった。

接戦でプレッシャーのかかる試合。緊張するなとは言えない。しかし、そこで縮こまってエラーをしたのか、思いっきりやってエラーをしたのかは、意味が全然違ってくる。日頃から、プレーをするのは選手達。試合では誰も助けてはくれない。

守備にしても、バッティングにしても後で後悔しないように強い気持ちでプレーをしよう。と言ってきた。

選手達に聞きたい。今日の試合は後悔はしていませんか?

もし、後悔をしている選手がいたなら、ここからもう一度自分を見つめ直し、強い気持ちで頑張って貰いたい。

敗けた事を今後、どのように繋げていけるか、ここからが君たちの真骨頂。

悔しさをバネに。さあここから再スタートだ。

(記者 黒砂糖)

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM