緩急!

  • 2017.09.06 Wednesday
  • 22:03

9月3日 5年生以下の練習試合 春岡スターズ戦が行われた。

pxはソウセイーユウタのバッテリーで試合開始。1回の表、相手の攻撃。1番をファーストゴロ。2番をサードフライ。3番をショートライナーで三者凡退できり抜ける。1回裏のpxの攻撃。1番のアツトが四球で出塁すると相手のボークとアツトの盗塁で0アウト3塁のチャンス続く2番のユウスケはサードゴロだったが、アツトの好走塁で1点を先制する。2回の表、相手の攻撃。4番の打球はライトフライだったが、これをライトが落球してしまう。続く5番への初球に盗塁をされ0アウト2塁のピンチ。この5番への4球目、打球はレフトへ。これをレフトのタイキがダイビングキャッチで1アウト。打球が落ちると思っていたランナーは2塁へ戻れずダブルプレーでピンチを凌ぐ。2回裏pxの攻撃。タイキのタイムリーヒットや相手のミスで2点を奪い3−0とする。3回の表も三者凡退で凌ぐと3回の裏、PXはビッグイニングを作る。2番のユウスケは相手のエラーで出塁すると3番のソウセイがセーフティバントを決め0アウト2,3塁のチャンスを作る。続く4番のユウタがセンターへ2点タイムリーヒットを打ち5−0とする。その後も四球やエラーで2アウト満塁で1番のアツト。そのアツトがレフトオーバーの3点タイムリーヒットを打ち9−0としアツトも相手のパスボールで生還し10−0とする。4回裏のpxの攻撃もユウタの3ベースヒットやマヒロのタイムリーヒット、1番のアツトのライトへのタイムリーヒットなどで、この回5点を取り15−0とする。最終回にヒットとキャッチャーの悪送球などで2点を失うが15−2で勝利した。

 

(スコアラーの目)

この試合を見ていて感じた事は、この日のソウセイは良かった。ストライクが先行し打たせて取るというピッチングが出来ていたと思う。ここ数試合は下位打線に四球を出し上位打線に打たれて失点するというパターンだったが、この日は下位打線に対してもストライクが先行していたと思う。何よりも良かったのはスローボールを投げられるようになった事だ。1週間前に吉村コーチからスローボールの投げ方を指導してもらいソウセイなりに習得しようと練習をし何となくだが投げられるようになった事により緩急(投球の幅)がひろがった。それにより相手のタイミングを外すことが出来、三振も取れるようになった。このスローボールのコントロールをもっともっと磨いて自分の物になるように頑張れ(^O^)期待しているぞ!

 

(記者 ピラーノ)

ナイスピッチングのソウセイ

3打点のユウタ

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM