武蔵野グリーンカップジュニア閉会式

  • 2019.10.13 Sunday
  • 00:39

全15チームが出場した武蔵野グリーンカップジュニア大会は、リーグ戦を4勝2敗の2位で決勝トーナメントに進むことができ、結果は5位となりました。

応援してくださった育成会の皆様、指導者の皆様、審判をしてくださった皆様、応援をしてくれた3年生以下の選手など、本当に多くの皆様のご尽力のもとにここまで戦うことができました。

本当にありがとうございました‼️


そして閉会式では、予選リーグの結果を基に4名の選手が表彰されました。おめでとう‼️

(記者 H2O元)


■優秀選手賞

・ミツハル

→投手として4勝をあげ、打っても打率5割、チームトップの打点数でチームを牽引‼️


■敢闘賞

・カンタ

→1番打者として出塁率6割5分、得点もチームトップでリードオフマンとして活躍‼️


・アオイ

→打率はチーム3位、打点はチーム2位と、4番としてチームの勝利に貢献‼️


・ヒロト

→打率はチームトップの5割8分3厘と、チャンスメイクでチームに貢献‼️


左からカンタ、ミツハル、アオイ、ヒロト


集大成

  • 2019.10.04 Friday
  • 14:36

10月を迎え、TOPチームは公式戦も残り少なくなってきた。今のメンバーでの真剣勝負が、あと何試合出来るのだろうか。

そんな中、今週末も夏季大会、準決勝、決勝。星野仙一杯の決勝と大事な試合が組まれている。

選手達にとっては、負けたら終わり。相当なプレッシャーの中での試合が続く。不安になったり、プレッシャーに押し潰されそうになる事もあるだろう。

でも、振り返って考えてみて欲しい。

今までやってきた練習の質、練習量を。

経験してきた試合の数、試練の数を。

大丈夫。自分を信じて、仲間を信じて、強い気持ちで!

出来る事は全てやろう!

そして出し尽くそう!

 

「悔いを残すな!今を全力で!」

(記者 黒砂糖)

 

悔いを残すな

  • 2019.08.05 Monday
  • 18:11

皆様、夏季合宿お疲れ様でした。グランドレベルの気温が45℃を超える中、子どもたちは本当によく頑張りました。(大人も)

試合に大敗した後に行った個人ノックで、フラフラになりながら最後まであきらめずにボールを追う姿、“これぞ野球”って感じがして、すっげぇー恰好良かったですね。ベンチや帰りのバスの中では悪臭(男臭)が漂い、そのままクリーニングには出せないほど真っ黒になったユニフォーム、蟹股じゃなきゃ歩けないほどの股ずれ、全てが頑張った証しです。野球人として、男として一皮むけたのではないでしょうか?(別会場で練習していた4年生以下のメンバーとその親御さん、指導者にも見てもらいたかったなぁ)


さて、夏季大会中央ブロックの組み合わせが決定しました。8月17日が開会式と一回戦です。まずは初戦を突破して、県大会に出場できるベスト4目指して頑張りましょう。

春の県大会では惜しくも準決勝で敗れ3位という結果でした。関東大会、全国大会には繋がっていませんが、春に掴み損ねた“県大会優勝の栄誉”を是が非でも獲りに行きましょう。


中央ブロックまでの約2週間及び試合中に実行してほしいことを以下の通りお伝えします。

・昨年、自分が「やる」と決めた自主練習メニューを甘えることなく「毎日」実行すること。

・チームのために、他のメンバーのために、「今自分ができることは何なのか?」を絶えず考えること。

・迷ったら、前に出ること(後ろに下がるな)、振ること(見送るな)、全力で走りきること(諦めるな)。

・これまでの厳しい練習や試合中の緊張する局面を乗り越えてきた「強い自分」を信じること・イメージすること。

・支えてくれている人、応援してくれる人に感謝の気持ちを忘れずに、その期待に「何でも良いので」応えようとすること。

・体調管理を徹底すること。(不注意による怪我も注意すること)

・お父さん・お母さんが用意してくれる食事を残さず完食すること。

・夏休みだからといって夜更かしせず、早寝早起きすること。

・日中、数時間でもいいので、外で遊ぶこと・体を動かすこと。(熱中症にはくれぐれも注意すること)

 

さいごに、親御さんにお願いです。

子どもたちが野球に集中できる環境の整備、悔いを残さないための体調管理、とことんまで自分を追い込むための後押しをお願いします。

厳しいと思われるかもしれませんが、11歳、12歳の少年が短期間でも野球という一つの事に集中し、自分を追い込んでもいいのではないでしょうか。得られる結果がどうであれ、その経験や体験は絶対にその後の人生の糧・肥やしになると思います。

また、夏合宿が終わり、6年生がPxで過ごせる時間も残り半分(いや、残り4割かな?)、親御さんにも、野球を介して子どもと真剣に向き合える時間、一緒に過ごせる時間を大いに楽しんでもらいたいと思います。

Px全員が一枚岩となって中央ブロックに挑みましょう。

(A-SD)

フェニックス夏合宿始動!

  • 2019.08.02 Friday
  • 14:39
いよいよ今年もフェニックスの夏合宿が始まった。
いや〜真岡は本当に暑い!
グランドレベルの気温はなんと43度!
中央ブロック大会に向けてしっかりと練習したい。

春季大会優勝!!

  • 2019.04.17 Wednesday
  • 10:58

春季大会 優勝!!

2019年4月13日 春季大会決勝戦に見事勝利!

大宮部会としては悲願の初優勝を飾りました!!

応援下さりました皆様、ありがとうございました。

MVP ギンスケ

 

桜 咲く

 

 

武蔵野グリーンカップ優勝!!

  • 2019.03.18 Monday
  • 13:02

武蔵野グリーンカップ優勝!!

2019年3月17日 春岡広場で行われた決勝戦。

見事優勝する事が出来ました。

応援くださいました父兄の皆様、育成会の皆様、応援ありがとうございました。

MVPアツト

タイキ

ハル

チカラ

ギンスケ

ユウスケ

ルイ

ミチヒサ

カンタ

全員で優勝!

 

 

 

 

サヨナラ大会を終えて・・・

  • 2019.02.28 Thursday
  • 23:50

 この度、6年生最後となるサヨナラ大会の監督にご指名を頂き、自身の未熟さを自覚しつつ、戸惑いながらも最後までチームの指揮を執らせて頂きました。そしてフェニックス皆様のご指導、ご協力により、無事に大会を終えることができ安堵しております。

 

サヨナラ大会の全4戦、6年生は彼ららしく、立派に戦ってくれました。

 

もうフェニックスを卒団する君たち。

時が経つのは本当にアッという間ですね。

もっと一緒に野球をしたかった。

最後に立派な姿を見せてくれて・・・本当にありがとう。

 

ソウセイ・・・キャプテンとしてチーム全体を統率してくれました。俊足巧打の核弾頭。今大会でも積極果敢な走塁で数多くのチャンスメイク。最終戦でも2点目の突破口を開いたのはソウセイの走塁でした。

 

 

 

マヒロ・・・守備力に不安を抱え、なかなか結果が伴わないチームにあって、エースとして彼なりに必死にマウンドを守ってきたと思います。マヒロ自身も安定感が備わらず、チームの期待を裏切ることもありましたが、6年生も最後に近づき投球スタイルを確立。サヨナラ大会では緩急自在なピッチングで一皮むけたように思います。最終戦での投球は彼自身にとっても集大成でした。

 

 

 

 

ユウタH・・・女房役としてずっとマヒロを支え続けたユウタH。自身もなかなか盗塁が刺せずに苦しかったと思います。しかし最終戦では盗塁を刺しピンチを救い、配球面の成長も感じました。緩いボールを攻撃的に使う意識、相手に的を絞らせない配球は見事。ワイルドピッチもしっかりとブロック。捕手として今後の更なる成長が楽しみです。

 

 

 

タクミ・・・努力でバットを磨いてきたタクミ。継続は力なり・・・見事です。サヨナラ大会では急造内野手ながら充分に役割を果たしてくれ、最終戦でもファインプレーでチームを助けました。打撃では、主砲として特に原市ファミリーズ戦でのチームを勝利に導く4安打5打点は圧巻でした。

 

 

 

ユウタS・・・厳しい指導に耐えて最後まで頑張ったユウタS。サヨナラ大会で魅せた安定した守備に、技術面だけでなく精神面でも大きな成長を感じました。平常心で伸び伸びと、自信をもってプレーすることがいかに重要か、中学でもきっと活躍してくれると思います。

 

 

 

ハヤト・・・6年生のムードメーカー、元気印、ダイビングキャッチのハヤト。今大会はチーム事情により本職センターとサードの併用になりましたが、前向きに取り組んでくれ、明るく積極的なプレーでチームを鼓舞。ベンチとしても助けられたし、とても頼もしかった。

 

 

トモハル・・・これまでなかなか試合に出場できなくて悔しい思いは当然あったと思います。原市ファミリーズ戦での同点タイムリー内野安打、最終戦における最終打席「なんとか喰らいつくんだ!」という粘り。みんなが決して忘れることのできないプレーになりました。

 

 

ショウゴ(シャークス)・・・最終戦は2番に入り、貴重な2点目となるスクイズを決めてくれました。攻撃でも守備でも、基本に忠実、堅実なプレーはチームにとって大きな戦力になりました。一緒にプレーできたのはサヨナラ大会のみでしたが、ご両親含め非常に協力的、献身的に参加して頂けたことは本当に感謝しかありません。

 

 

【支えてくれた方々に感謝】

今回のサヨナラ大会、フェニックスに関わる全ての方々に感謝申し上げます。

 

 金子代表、ボス、佐藤監督はじめ、コーチ陣の皆様に感謝致します。お忙しい中、大会の開催、スケジュール調整や5年生以下のサヨナラ大会への出場にご配慮、ご協力頂きまして誠にありがとうございました。お陰様でよい思い出を作ることができました。

 

 そして、初戦で力を貸してくれた3年生のアオイ・セイ・カンタ。6年生の試合でも臆することない君たちのプレーに助けられ、勝つことはできなかったものの一緒に戦うことができてよかったです。君たちの今後の活躍が楽しみです。ありがとう。

 

 第2戦〜最終戦までは5年生のアツト・ユウスケ・ギンスケに助けられました。こちらから協力をお願いしておきながらなかなか出場の機会を作ることができなくて本当に申し訳なく思います。しかし、君たちが試合に出ていなくともベンチで備えていてくれるだけで「いざとなれば彼らがいる」と、君たちの存在自体がチームとしての戦力を大きく向上させたし、非常に心強くもありました。ありがとう。

 

 その他、フェニックスのチームメイト達。寒い中、6年生のために熱い大応援とバックアップ、とても心強かったし嬉しかったです。今まで支えてくれてありがとう。

 

そして父母の皆様にも感謝致します。

 

 サヨナラ大会。6年生にとって「最後の思い出作りの大会」と位置づけられていますが、フェニックスの伝統として「やるからには勝つ」という目標をないがしろにするわけにいきません。

 シャークスとの合同チームという事情もあり選手の確保がままならず、戦力が安定しない中、「よい思い出作り」と「やるからには勝って優勝を」という二立相反する目標を達成すべく、私自身も非常に難しい舵取りになりましたが、最終的には2勝1敗1分け。目指していた全勝優勝は叶わず、最終的に3チームが2勝1敗1分けと横並びになったものの、得失点差わずか2点で惜しくも2位という結果。「あと3点どうにかならなかったか」と自らの舵取りを悔やむばかりです。

 しかしながら、最終戦の戦いぶりにみられるように6年生が逞しく成長した姿、彼らの野球、フェニックスでの集大成を存分に見せてくれたことは監督としてだけでなく、1人の親としてもこの上ない喜びとなりました。

 これもひとえにこれまでの父母の皆様の支えがあったからこそ。本当にありがとうございました。

 

サヨナラ大会4試合。時間にすると約1ヶ月。あっという間に終戦となりました。

6年生達は中学生になってもそれぞれの形で野球と向き合っていくと思います。

時には「ふるさと」に「ひょっこり」顔を見せることもあるかと思います。

そんな時はぜひ温かく迎えて頂き、お声をかけて頂き、イジって頂けますようこの場をお借りして皆様にお願い申し上げます。

フェニックスの皆様、6年生および父母共々本当にお世話になりました。

心から感謝御礼申し上げます。

 

サヨナラ大会 監督 泣きのY

 

【追伸】

処女航海で荒波に揉まれ苦しい時、ポッと灯台のごとく眼前に明かりを灯し、支え続けて下さったA-SDコーチ。

先輩のご配慮、優しさがとても有り難く、本当に助けられました。

心より感謝申し上げます。

フェニックス始動!

  • 2019.01.05 Saturday
  • 11:06
1月5日いよいよフェニックスの2019年の活動が始動した。
朝、恒例の初詣、必勝祈願をしてホームグランドの東小へ移動。
午前は基礎練習をみっちりこなし、お昼はお母さん方が作ってくれた豚汁を頂きました。
大宮部会の皆様、盟友会の皆様、今年も宜しくお願い致します。

必勝祈願




お楽しみ会!

  • 2018.12.26 Wednesday
  • 16:02

12月23日 毎年恒例のお楽しみ会が行われた。

武蔵野グリーンカップ・秋季新人5年生大会の優勝金メダルの授与から始まり、ゲーム大会、来年からメキシコに行ってしまうシュウジのお別れ会、クリスマスプレゼント交換、そして最後は豪華賞品をかけた、大じゃんけん大会!

今年は皆さんからのご協力により、プロ野球選手のサイン色紙、サインボール、レプリカユニホーム、帽子、タオルなどなどお宝グッズ満載!

大いに盛り上がりました。

そんな中でも、総監督はちゃっかり広島の選手のサイン色紙をゲット!

子供の様に喜んでいました(笑)

これでフェニックスの1年間の行事は無事に終了する事が出来ました。

全ての皆様に感謝。

来年もフェニックスらしく、元気に頑張りましょう!

(記者 黒砂糖)

 

2冠達成!!

  • 2018.12.13 Thursday
  • 17:11

さいたまフェニックス5年生以下 2冠達成!!

優勝おめでとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優勝の瞬間!

駆け寄る内野陣

みんな嬉しそう。

応援席に優勝報告!

優勝旗!贈呈!

 

優勝行進

未来のスター選手達!

みんなで優勝!!

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM