さいたまフェニックス活動自粛のご連絡

  • 2020.02.29 Saturday
  • 12:59

平素よりさいたまフェニックスの活動にご支援、ご理解をいただきありがとうございます。

 

今般、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、しばらくの間活動を自粛することになりました。

 

日頃からお世話になっている各チームの皆様には、情報の共有、日程の調整等にご協力いただき、

本当にありがとうございました。

 

事態が早く鎮静化し、子供たちが元気いっぱい楽しく野球をやれる日が1日でも早く来ることを

祈っております。

 

さいたまフェニックス

トップチーム監督 原口

 

練習試合 常盤少年野球クラブ

  • 2020.02.23 Sunday
  • 22:39

今日は、イニシアカップ準決勝で悔しくも0-2で敗北を喫した常盤スポーツ少年団さんと

新6、新5、新4の3試合マッチ。

 

試合結果は以下の通り1勝1敗1分け。

新6(6-6)引き分け

新5(〇8-7)

新4(●6-7)

 

風の強い中、全学年の試合にお付き合いをいただいた常盤少年野球クラブの皆様

ありがとうございました。

 

また、昨日の卒団式の余韻に浸る間もなく、審判にご協力いただいた審判、コーチの

皆様、ありがとうございました。

 

選手たちへ

 

ピッチャー陣は、与えられた課題をきちんとこなし制球力を身に着けること。

ボール先行では守備のリズムが作れず、試合の流れを引き寄せられない。

 

また、他のピッチャーの子のマウンドさばきをよく研究しよう。

試合でマウンドを経験できる時間はごくわずか。

 

そのために何十倍もの努力を水面下でやる必要がある。

マウンドに立つという責任の重さを感じられる選手になってほしい。

 

野手陣は、普段の守備位置が変わった場合でも、動きが分かるように

日ごろから仲間の動きを観察すること。

 

相手のことを理解できるようになれば、お互いの守備範囲、動き、意思疎通をすることができ、

信頼関係が生まれる。

 

この信頼関係をもって動けるかどうかが、1点を争う大切な試合の時に勝ち切れるかどうかにつながる。

 

頑張っていこう。

春はもう目の前だ!

 

 

 

はばたけ明日のヒーロー達!

 

(記事:トップチーム監督 原口)

 

 

 

 

 

2019年度卒団式

  • 2020.02.22 Saturday
  • 22:22

2020年2月22日はフェニックス6年生の卒団式。

 

数々の大会で実績を勝ち取ってきた6年生。

 

つらい状況でも決してあきらめることなく勝利を信じて戦ってきた6年生。

 

本当に強く、大きくなったね、

 

今まで、みんなに勇気と感動を与えてくれてありがとう。

6年生の姿を忘れずに、在団生一同頑張っていきます!

 

6年生の皆さん、保護者の皆様、本当に今までありがとうございました。

卒団おめでとうございます。

 

これからの、みんなの活躍、楽しみしていますので、

フェニックスにも是非遊びに来てください。

 

はばたけ明日のヒーローたち!

 

(記事:原口)

試合への臨み方

  • 2020.02.15 Saturday
  • 21:13

今日は島小タイガースさんとの新6年生の練習試合。


攻守にバランスの取れたチームで守備の大きな崩れは期待できず、

こちらに守備のミスが出れば確実に得点を奪われる。

 

勝つためにはしっかり守り、チャンスは確実にものにしていくしかない。

 

しかし、守備の集中力が散漫で小さなミスが続く。

 

そのミスを確実に得点に結びつけられじりじりと流れを持っていかれる。

 

そして結果は●6-4。

 

スコアだけ見れば2点差かもしれないが、

今後の大会で勝ち切るためには、この2点はとても大きい2点だ。

 

一朝一夕で埋まる2点ではない。

 

日々の小さな積み重ね、野球だけでなく、野球に臨む気持ち、姿勢、努力

そういった小さな行動の積み重ねが、勝敗を分ける1点につながってくる。

 

春の大会が開始するまであと少し。

 

試合後に厳しいことを伝えたが、ぜひ意識を高く持って日々の練習、試合に臨んでいこう!

 

島小タイガースさん、本日はありがとうございました。

 

はばたけ明日のヒーローたち!

 

(記事:原口)

 

 

 

 

 

 

打線爆発!

  • 2020.02.08 Saturday
  • 21:56

今日は上尾の富士見コンドルスさんとの練習試合。

 

1試合目〇18-3
2試合目〇 8-3

 

 

 

試合前ストレートの威力のあるピッチャーを前に
しっかり打ち勝っていこうと話をして試合へ。

 

いざ試合が始まると、一番カンタの先頭打者ホームランを切り口に
今までで一番と言っても過言ではない好打の連続。

 

 

 

気づくと先発メンバ全員安打の猛打となっていた。

 

 

久しぶりの4番ミツハルの一発も見れ元気の出る試合内容。

 

少しずつ基礎練習の成果が出てきている。

 

春まであと少し。

 

もうワンランクレベルアップ目指して頑張るぞ!

 

 

 

富士見コンドルスさん、素敵なグランドで練習試合をさせていただき
ありがとうございました。


はばたけ明日のヒーローたち

(記事:原口)
 

練習の成果

  • 2020.02.02 Sunday
  • 21:54

今日は川越の高階キングスさんと練習試合を行った。

 

・新6年練習試合#1 高階キングス戦(〇5-4)

・新6年練習試合#2 高階キングス戦(●1-10)

 

剛腕強打のピッチャー、強肩のキャッチャー、フィールディングの良いショート、サードを中心に 投打にまとまったチーム。

 

先発のミツハルが粘りのピッチングで1失点に抑える中、中盤、相手ピッチャーの制球が乱れた ところにハヤト、レイのバントがうまく決まり、得点を重ねると、カンタ、アオイの連打で一気に逆転。

 

最後はマンサイが3点で抑え、3試合ぶりの勝利を収めることができた。

 

前日のバント練習では何度も何度も失敗し、それでも最後まで挑戦し続けた2人。 今までとは違う顔つきで相手投手に向き合う姿は頼もしかった。

 

さらに、レイの2試合目のヒットは今までで一番の当たり。

 


つい数か月前までは、真に当たっても内野の頭を超えるのがやっとの打撃が いつの間にか外野に生きた球を打てるようになっている。

 

みんな少しずつ成長している。

 

冬もあと1か月。
春に向けて頑張ろう!

 

高階キングスさん、本日は遠い中ありがとうございました。

 

はばたけ明日のヒーローたち

 

(記事:原口)

今年のチーム目標

  • 2020.02.02 Sunday
  • 00:30

土曜日は、久々の座学。

 

 

選手たちの目標、チームの目標を明確できた。

決して簡単な目標ではないが、実現に向け一歩一歩成長していこう。

 

つらい時、手を抜きたくなる時、甘えたくなる時、くじけそうな時、

そんな時こそもう一度、今日話し合った原点に戻り、目標を再確認して進んでいこう。

 

はばたけ明日のヒーローたち。

 

(記事:原口)

 

走塁技術

  • 2020.01.26 Sunday
  • 21:25

今週は、盟友会Jr.の南エンゼルス戦、大宮ファミリーズ戦を迎えた。

 

 

結果は、残念ながら2連敗。

■1/18 盟友会Jr. 南エンゼルス戦(●7-11)

■1/19 大宮ファミリーズ戦(●0-3)

 

両試合で目立ったのが走塁ミス。

 

・盗塁時にスタートが遅れる、

・けん制で逆を突かれチャンスをつぶす

・スタートが切れないのに強引な盗塁をする

・いつまでもスタートが切れずカウントを悪くする

2試合の中でも課題が山積みとなってしまった。

 

これからピッチャーもキャッチャーもどんどん強くなりますます盗塁が難しくなる。

 

冬場の走力アップとともに走塁技術も磨いていこう。

「この選手は塁に出したくない」、そんな選手がたくさんいるチームになろう。

 

君たちの先輩がそういう野球を、プレーをたくさん見せてくれた。

今度は、君たちがそれを実践していく番だ。

 

言うは易く行うは難し、頭ではわかっていても、行動でできるようになるには

繰り返しの練習と経験の積み重ねが必要だ。

 

今日の失敗を明日の成長のための糧として前向きに受け止めて1歩ずつ成長していこう。

 

南エンゼルス戦では、3回に相手チームの猛打にはまり10失点を奪われる結果と

なってしまった。フォアボールを重ね、ストライクを取りに行った球を狙い撃ちされる

最悪のパターン。3番のキャッチャーのレフトオーバの破壊力は本当にすごかった。

 

南エンゼルスさんありがとうございました。

 

 

大宮ファミリーズさんは昨年の5年生新人戦の優勝チーム。

ミツハルの好投と所々で攻守を見せ何とか失点を与えず中盤へ。

 

こちらも何度かチャンスを作るも、サインミス、走塁ミスが重なり

流れをつかめず、無失点。

 

逆に1つのミスで相手に得点を許すとアッという間に3点を失い

そのまま試合終了。

 

是非、この試合を通じて勝ち切るためには必要なことを各自振り返って

これからの先週に臨んで欲しい。

 

大宮ファミリーズさんありがとうございました。

 

 

 

この悔しさをバネに、この冬一回りも二回りも成長していこう!

 

はばたけ明日のヒーローたち。



 

真冬の練習

  • 2020.01.19 Sunday
  • 23:08

 

土曜日は、ボールを握るのも嫌になるこの冬一番の寒さの中の練習となった。

 

春からの飛躍に向かって、この冬は徹底的に基礎とランを鍛えよう!

その言葉のとおり、基礎練とランに励む土日となった。

 

子供達には難しい言葉になるが、努力の成果は比例関数ではでてこない。

あるとき急激に開花する。数学で言えば2次曲線。

 

冬の厳しいトレーニングを実直に続けてきた者は春先からその兆候が出てくる。

逆に、自分の限界を作り、逃げてしまうやつは、後ろから来た者に一気に抜かれる。

 

前述したとおり、努力はすぐには成果はでないため、その差はますます大きくなる。

気づいたときはもう遅い。

 

チーム内での競争もあるが、君たちが勝負する相手は、チームの外にある。

 

常に他のチームはもっと高い視点で練習を積んできていると思って、

この冬のトレーニングに臨んでほしい。

 

はばたけ明日のヒーローたち!

 

(記事 原口)

 

 

2020年試合開始!

  • 2020.01.15 Wednesday
  • 22:53

3連休は、年明け初の試合となる盟友会Jr. さいたまスターズ戦、イニシアカップの閉会式、さらに盟友会Jr.大宮ヤマト戦と盛りだくさんな連休となった。

 

■1/12 盟友会Jr. さいたまスターズ戦(〇16-2)

 

相手ピッチャーがコントロールで苦しむところを、上手くつなぐバッティングで得点を重ね、初陣を〇16-2の勝利で飾ることができた。

 

守備では、指の骨折から復帰したナツキが久々のマウンドへ。休みの影響を見せつけないピッチングでミツハルの後スターズ打線を完璧に抑える好投を見ることができたのはプラス材料。

 

12月の常盤線では沈黙してしまった打撃面でも要所で鋭い当たりを外野に運び得点につなげることができた。

最近バットが振れているマサハルは3安打の猛打賞。この調子を是非キープしてほしい。

 

点差はついたものの、スターズさんの打撃は強力で、右に左に打ち分ける巧みなバットコントロール、深いレフトの頭を軽々超えるパワー、緩急に対応できる軸のとり方などとても参考になる。選手たちには試合の結果だけでなく、常に相手の良いところを吸収する視点を持ち、この冬のトレーニングに励んでもらいたい。

 

さいたまスターズさんありがとうございました。

 

■1/12 イニシアカップ閉会式

 

スターズ戦の午後は、コスモスイニシア株式会社様主催のイニシアカップの閉会式。

 

主催者の心遣いで、クイズ、グローブ磨き教室、ベーランリレー、豪華な景品の数々と子供たちにとって楽しいイベント盛りだくさんなところが素晴らしいです。

 

ベーランリレーでは午前中試合をしたスターズさんとのガチンコ勝負。盟友会運動会で圧倒的な走力を誇るスターズさんはやはり強く、善処するも僅差で敗れ結果2位。本当惜しかったし、よく頑張った!

 

フェニックスは悔しくも優勝チームの常盤少年野球さんに敗れ3位の結果であったが、この大会に参加できたこと、優勝目指して良いチームとたくさん試合ができたことに感謝し、この経験を今後の野球生活に活かしていこう!

 

■1/13 盟友会Jr. 大宮ヤマト戦(●4-5)

 

前日のナツキの好投を受け、ナツキーアオイのバッテリーで臨む。初回コントロールが定まらず2四球を与え、内野ゴロの間に2点を失うも、守備陣がリズムよく支え、2回以降立て直して2、3回を0点で抑える。リリーフのアオイも粘りのピッチングで4、5回を零封。

 

一方、ヤマトさんは球が速くコントロールの良い本格派ピッチャーと守備の上手なサード、ショートを要したバランス取れた守りで、2回まで0点。4回、エラーで出塁したランナーを、ジュンペイ、レイのクリーンヒットで返し見事逆転。"絶対つなぐ"という気持ちの感じられるスイングで本当にナイスバッティングだった!

 

最終回、いつもは先発のミツハルをクローザーとして登板。このまま流れにのっていけると思っていたところ、先頭打者に甘く入った球をうまく外野に運ばれ、さらに3連打を浴び、終わってみると逆転されるという苦い結果になってしまった。

 

敗れたものの、今後につながる可能性、改善していくべき課題を見いだせた良い試合内容であった。

大宮ヤマトさんありがとうございました。

 

■最後に

 

何度も伝えているが、冬場の練習、トレーニングでこの一年間の成果が決まってくるといっても過言ではない大事な時期。

つらい練習も多くなるが、自己の成長、チームの成長のために頑張っていこう。

 

はばたけ明日のヒーローたち!

 

■イニシアカップ ベースランニングリレーメンバ

 

【記事:原口】

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM